2019年08月15日

えにしのお話

こんばんは、ぴょん2です。

今日は職場の部下のお母様が亡くなった
ので、お通夜に参列しました。
若めの御同士でしたが、講話に関しては
胸を打つものがありました。

道内在住の老夫婦が京都に旅行に行きま
した。街中散策中にゴールデンレトリー
バーが付いてきて、可愛がったそうです。
京都から帰るまでその犬はずーっとつい
て回ったそうです。

帰ってからご主人はその犬が暗闇を徘徊
して付いてくる夢を見たそうです。迷い
犬かも知れないと京都府へ連絡ます。
迷い犬で保護されたら連絡が欲しいと。
数日後保健所から連絡があり、それっぽ
い犬が保護された連絡を受けて、再度京
都へ行くと、その犬がいました。里親と
となり今は道内で一緒にいます。老夫婦
はその犬にずーっとお世話になった感じ
がすると可愛がっています。

御同士はこう結びます。何であれ縁を持
ったらそれは生前から所以があっての事。
となりにいる人を今以上に慮る事が大事
と唱えました。興味深く重要なお話です。




posted by ダメダメパパ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする